アフガニスタンに学びの場が、またひとつ増えます!

MOTTAINAIフリーマーケット 回収ステーションへ、
本やCD,DVDを持ってきてくださったみなさま、ありがとうございます。

JENのアフガニスタン担当、荒木です。ご存知の方も沢山いらっしゃるとおもうのですが、MOTTAINAIフリーマーケットでは、古本・DVD・VHSの回収をしています。

皆さまが持ち寄ってくださった本やCDが、アフガニスタンでは、学校の校舎に塗装するペンキや寒さや砂ほこりを防ぐ窓になって活躍しています!くわしくはコチラをご覧ください。

さて、今日は、着々と進む学校内の衛生施設の修復について、お伝えします。

「学びの場が、またひとつ増えます!」


 首都のカブールから北へ60km、2001年からジェンが活動を行っているパルワン県は、日本で言えば、埼玉や千葉といったところでしょうか。首都に仕事や豊かな生活を求めて移住する人々が、その次に定住地として選ぶ地域です。とは言っても、農業中心の都市です。インフラの整備も遅れています。そして、幹線道路から少し離れると、そこはもう「村」です。トグベルディ村もそのひとつ。

e0105047_14574138.jpg


 今年3月から、500名近くの子どもたちが通うヘマヤトル・イスラム校で、2001年の空爆によって半壊状態のまま放置されている古い校舎を取り壊し、8つの教室を備えた新しい校舎、校舎の外にはトイレ10室と安全な水を確保するための井戸、そして子どもたちが安全な環境で勉強に集中できるように、外壁の境界壁を作っています。難関の井戸の設置が無事に終わりましたが、ほっとする間もなく、校舎の建設が急ピッチで進んでいます。雪が降り始める12月には工事をすべて終える予定です。

e0105047_14582343.jpg


e0105047_14583969.jpg

パルワン州トグベルディ村の小学校にて。 子どもたちが青空教室で学ぶ様子

 8月には大統領選挙が実施されました。選挙の前後、治安面で緊張が続いています。アフガニスタン全土で市民がまきこまれる事件が頻発しているのです。JENが行っている活動が、未来のアフガニスタンを担う子どもたちのためであっても、資材の搬送やスタッフの移動など、「移動」という手段に高いリスクが伴っています。そのような状況下でも、現地のスタッフは、建設現場での立ち会いや業者との打ち合わせ、連日の学校訪問など、地道な活動を続けています。

e0105047_14592964.jpg

井戸の完成式の模様

 私、荒木は隣国パキスタンに駐在し、アフガニスタン国内で活躍している現地のスタッフと密に連絡をとりながら、プロジェクトを実施しています。一日も早く、アフガニスタンの治安が改善し、お手伝いした学校で学ぶ子どもたちに会いたい、と切に願っています。

e0105047_150026.jpg



(写真提供:認定NPO法人ジェン)

===
JENアフガニスタンの活動について、もっと知りたい?
くわしくは、こちらへ 
http://jenhp.cocolog-nifty.com/jen_afghan/index.html

JENって、どんな活動をしているの?
くわしくは、こちらへ
http://www.jen-npo.org/
===
[PR]
   by mottainai-team | 2009-10-13 15:02 | フリーマーケット | Comments(0)
  
<< 栗の渋皮煮。第二弾! フリマ開催報告@世田谷卸売り市... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント