クロスメディアの発信基地「毎日メディアカフェ」

皆さん、今年もよろしくお願いいたします。

さて今回は、MOTTAINAIキャンペーンの発信基地「MOTTAINAI STAION」(東京都千代田区一ツ橋1、パレスサイドビル1階)についてご紹介します。

このスペースは、約300種類のアイテムを販売しているMOTTAINAI Shopの隣にあります。今もキャンペーンの紹介イベントなどに活用されていますが、昨年4月から毎日新聞社と読者、企業、NPOなどを結ぶ新たなクロスメディアの発信基地「毎日メディアカフェ」としてリニューアルオープンしました。

e0105047_10585293.jpg


「毎日メディアカフェ」は、ホットな話題をテーマにした毎日新聞記者による記者報告会をはじめ、新聞社ならではの人脈を生かした著名人の講演、カフェの協賛、参加企業・団体による報告会や勉強会など多彩なイベントが連日のように開催されています。
入場は無料です。昨年末までのイベントは計90回、延べ4000人が訪れました。上の写真は昨年末に開催したもので、来日中だった、タイの女性起業家と有機野菜を販売している「大地を守る会」の関係者によるトークセッションの模様です。狭い会場ならではの、講演者と来場者の熱気あふれるやりとりが人気を集めています。

e0105047_10593560.jpg


「話し方の極意」を伝授する講談師の神田紫さんによる講談教室や毎日新聞夕刊で「数独」を連載中のパズル出版社「ニコリ」が、数独の歴史や解き方を解説する「数独の夕べ」(2月は12日18時30分から)は、毎月開催する人気イベントです。
イベントはすべて毎日新聞朝刊と専用サイト、さらにFacebookやTwitterで発信しています。Ustream(ユーストリーム)で映像を流すことも多いのでぜひ、チェックしてください。

このほか、親子向けのイベントも開催中です。3月28日には、パレスサイドビル地下1階の毎日ホールを主会場に親子や家族を招いての「学びのフェス2015春」が開かれます。親子が楽しみながら学べる場をつくることが目的で、写真のような実験教室や子ども記者体験、親子書道教室など盛りだくさんの内容です。

また、毎月1回、開催される早稲田環境塾と「たかはた共生塾」による「青鬼クラブ」では、有機農業で有名な山形県高畠町の物産展も開かれ、好評です。

e0105047_112093.jpg


e0105047_1121011.jpg


イベントがない日はご覧のようにオープンスペースのゆったりした空間で毎日新聞やスポニチ、サンデー毎日やエコノミスト、毎日小学生新聞など毎日新聞グループの刊行物を読むことができます。また、iPadも3台設置していますので、サイト検索等も可能です。

「メディアカフェ」と呼ぶように、おいしいコーヒーも用意しています。
MOTTAINAI Shopでお買い物したあと、ぜひ立ち寄ってくつろいでいっていただければ幸いです。


【MOTTAINAIキャンペーン事務局長 七井辰男】
    
[PR]
   by mottainai-team | 2015-01-22 11:06 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

素敵な贈り物

こんにちは。MOTTAINAIキャンペーン事務局のYです。

先日、みなさんもよくご存知のMOTTAINAI SHOPへ行った際に、
毎日新聞社の水と緑の地球環境本部の方から、
素敵なプレゼントをいただきました!

それがこちらです。

e0105047_106331.jpg


何だと思いますか?

e0105047_1035963.jpg


正解は、植木鉢です。

しかし、ただの植木鉢ではございません。
なんと、使い古しの紙幣でできた植木鉢「金鉢くん」だったのです!

よく見ると確かに千円札や五千円札の面影がありますが・・・

e0105047_10354641.jpg


なんと、50万円相当の紙幣で作られたものだそうです!

「金鉢くん」は日銀福島支店の協力を受けて、
郡山市の障害者共同作業所「げんき」によって製作されたもの。

世の中を流通して日本銀行に戻ってきたお札で
汚れなどによって使えなくなったものは、日本銀行の本店または支店にて、
細かく裁断されるそう。
そして裁断により発生した紙くずは、現在では主に住宅用の建材や固形燃料、
トイレットペーパー、事務用品などにリサイクルされているそうです。
「金鉢くん」もリサイクルですね!

もともとは焼却処分されていたお札をこのようなカタチで
有効活用していたなんて驚きです。

ちなみに、お札の平均的な寿命は、一万円で4~5年程度、
五千円と千円は、つり銭などでやり取りされることが多くて、
傷みやすいこともあり、1~2年程度だそうですよ。


みなさまは何かモノを有効活用していますか?
MOTTAINAIという気持ち、忘れていませんか?

身近なところに、「発見」はあるんですね。

MOTTAINAIから再利用。
ですが立派すぎて使うのがMOTTAINAIなんてことも。
そんなMOTTAINAIづくしの素敵な贈り物でした。
[PR]
   by mottainai-team | 2015-01-22 10:36 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

とあるニューヨークの風景

こんにちは。MOTTAINAIキャンペーン事務局のIです。
昨年まで2年ほどニューヨークに住んでいましたので、今日はニューヨークのとある風景について書きたいと思います。

e0105047_13575163.jpg


さて、掲載した写真ですが、これは昨年秋に、ニューヨークのマンハッタンのマディソンスクエアパークで、突如行われていたデモイベントです。大量にショッピングした人々が全員目隠しをしていて、全身が茶色の泥塗りになっており、計20人前後が、かたつむりのようにゆっくり練り歩くというものでした。

e0105047_13584436.jpg


e0105047_1359326.jpg

カメラを向けると、いろんなポーズもとってくれます。

e0105047_13593260.jpg


いっぱい買いましたよと。

e0105047_140754.jpg

おしゃれに闊歩するイメージでしょうか。

e0105047_1405791.jpg

こんなポーズまでとってくれました(笑) 

ニューヨークでは、こういったデモをあらゆる場所で見られます。
このデモについて、あらゆる手を使って調べましたが、詳しい説明やホームページへの誘導等なかった為、どのような団体が何を目的としていたのか今では全く不明です。(もし、ご存じの方がいらっしゃいましたらご一報ください。)

ただ、人々の大量消費を風刺していることは、一目でわかります。
まるで、買い物をすればするほど、個性が無くなっていくと言われているようでした。みなさんは、どのように感じられましたか??

MOTTAINAIキャンペーンスタッフも、どのようにすれば持続可能な社会をつくれるのか、日々悩みながら進めております。
これからも皆様のご支援のもと、この美しい日本語「MOTTAINAI」を広めるべく邁進したいと思います。
[PR]
   by mottainai-team | 2015-01-16 14:05 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント