「もったいないフェア宇都宮2014」に行ってきました。

こんにちは。MOTTAINAIキャンペーン事務局長の七井です。

9月28日(土)に宇都宮市の城址公園を主会場に開かれた「もったいないフェア宇都宮2014」に行ってきました。同市もったいない市民会議の主催で、毎日新聞宇都宮支局などが後援しています。

宇都宮市は、「もったいない」を合言葉にした環境保全運動に市を挙げて取り組んでいます。2008年6月には同市で開かれた「第2回もったいない全国大会」に、MOTTAINAIキャンペーンを提唱したケニアのワンガリ・マータイさんが招かれ、「森は森林の肺。森林を守ることが大切です」などと訴えました。

e0105047_15351645.jpg


この日は快晴で朝から気温がグングン上がり午後の最高気温は真夏並みの29度。「もったいないフェア」は今回が6回目とあって、オープンの午前10時を待ちきれない家族連れが続々とやってきました。

城址公園入り口でまず目に飛び込んできたのは、マータイさんの写真とメッセージが入った垂れ幕。「あきらめずにコツコツと取り組みましょう」――マータイさんが世界中で好んで取り上げたハチドリのたとえ話が紹介されています。

e0105047_15355146.jpg

e0105047_1536392.jpg


公園の中に入ると、企業や市民団体などが、廃材を利用した工作体験コーナーや古着の買い取りなど66のブースが出展されていました。中央のメインステージでは午前10時30分からセレモニーと表彰式が行われ、佐藤栄一市長が「日本人が忘れかけていた言葉『もったいない』を日常生活で長く実践していくことが大切。きょうから取り組んでいきましょう」などと呼びかけました。

このあとの表彰式では、もったいない活動を実践している個人や団体、もったいないをテーマにした4コマまんがやポスターの優秀作品の作者が表彰され、ご当地キャラの「もったいない係長ミヤリー」が小学生の代表に表彰状を「手渡す」場面も。栃木のアイドルグループ「T!P」のミニライブや、ご当地ヒーロー「雷様剣士ダイジ」のヒーローショーも披露されました。

e0105047_15363078.jpg


毎日新聞宇都宮支局のMOTTAINAIキャンペーンブースでは、マイボトルや再生紙を使ったノート、端材を利用したマイ箸などが販売され、無料のMOTTAINAIサンクスバンドや商品チラシも配られました。店頭には毎日新聞の人気キャラクター「なるほドリ」も登場、子どもたちとの記念写真に応じていました。

e0105047_1536514.jpg


好天とあって、この日の入場者数は約3万人。正午からはマイ箸を持参した来場者に同市地産地消推進会議が提供したダイコンやハクサイなどが入った「地産地消もったいなべ」500食が振る舞われ、100メートルを超える長蛇の列ができていました。家族と来ていた同市内の小学4年生の女の子は「野菜たっぷりでおいしかった。マイ箸を持ってきてよかった」と笑顔で話していました。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-09-29 15:37 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

行かないともったいない:Vol.2石上神宮

こんにちは、MOTTAINAIキャンペーン事務局の安保です。

暑い日も終わり、秋の気配が近づいてきました。これからとても気持ちの良い季節。
今回は、古道を歩きながら参拝できる、奈良県の「石上神宮」をご紹介したいと思います。ここへのアクセスは、奈良県の天理から桜井まで続く「山の辺の道」という古道を歩き、最初の地点になります。

何故、石上神宮に訪れたかと言いますと、この神社が歴史小説などによく登場すること、また、この神社に伝わる「七支刀」について、知りたかったからです。行ってみると、知らない日本の歴史に出会いました。行かないとMOTTAINAIかもしれませんよー。

朝、奈良県の天理駅に降り立ち、「山の辺の道」についての情報を駅で入手して向かいました。おそらく、同じ様に「山の辺の道」を行くであろう方々と一緒になり、その完璧なウォーキングスタイルに少し不安を覚えながら歩き出しました。

最初は普通の街並みの中を歩きます。途中、天理教の施設に圧倒されながら、約30分ほど歩くと、ひんやりとした森の中に、石上神宮の入り口が見えてきました。

e0105047_1533045.jpg


石上神宮は、日本最古の神社の一つと言われているので、質素な想像をしていたのですが、立派な門を見て驚きました。楼門は重要文化財に指定されていて、1318年に建立されたものだそうです。

e0105047_15331918.jpg

e0105047_15333124.jpg


この門をくぐると、あの「七支刀」についての説明があり、拝殿へ向かう前に釘付けになりました。石上神宮は、物部家の武器庫であったとも言われているそうです。「七支刀」は、この神社に伝わる古代の遺品で、鉄製で錆ついていますが、両面に約60文字が記されているとのこと。すべて解読は出来ていないものの、製作年は369年にあたり、372年に百済から神功皇后へ献上されたものとされているそうです。なんと今から1600年以上前のものです!もちろん国宝です。

e0105047_15335192.jpg

e0105047_1534166.jpg

e0105047_15341334.jpg


しかし、この刀、どうやって使う物なのだろう・・?と思っていると、元々社伝では「六叉鉾(ろくさのほこ)」 と称されてきたそうですが、現在では刀に記された文字から、「七支刀」と称しているとのこと。「鉾」と言われると、なんとなくわかる気がしました。

拝殿はとても落ち着いた雰囲気のものでした。鎌倉時代初期の建立と考えられ、現存する拝殿としては日本最古のものだそうです。こちらも国宝です。

e0105047_15343326.jpg


こちらは、「出雲建雄神社拝殿」ですが、元々は鳥羽天皇の時代に建立された内山永久寺から移築されたもので、大寺院であった内山永久寺の遺構として大変貴重なものだそうです。
(内山永久時跡も、「山の辺の道」の途中にあります)

e0105047_15345140.jpg


石上神宮の御祭神は、次の三柱の神様です。
布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)
布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)
布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)

それぞれの神様については、石上神宮のホームページにとても分かりやすい説明のページがあったのでこちらをご覧いただければと思います。

神話にみる石上神宮の神様

神社を後にして「山の辺の道」をさらに進むと、更に様々な史跡に出会います。
最終地点の桜井には、三輪山をご神体にした大神神社もあり、参拝後は踏破したご褒美に三輪そうめんを食べて帰りました。

約15km続く古道を踏破するのは、ちょっと勇気が要るかもしれませんが、のんびりした道も多く、途中に様々史跡があるので、特に歴史に興味のある方は、とても楽しめると思います。是非お出かけしてみてください!

石上神宮公式サイト
山の辺の道ついてはこちら
[PR]
   by mottainai-team | 2014-09-25 09:51 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

お手入れしないとMOTTAINAI!第四弾

こんにちは、MOTTAINAI事務局スタッフです。

先日、MOTTAINAI Stationで、皮革製品のお手入れ講座&相談会を実施させていただきました。

そこで学んだお手入れ方法を紹介する「お手入れしないとMOTTAINAI!」第四弾の今回は、「アウトドアの秋!」に、ちなんだコチラ。

<お悩み>
アウトドア靴のお手入れ方法がわかりません。
e0105047_17175869.jpg

山歩きや山登り、ハイキングなどした後の靴って、すごく汚れてしまいますよね。
使うごとに簡単なお手入れをするだけで長く使うことができますよ!

ということで、お手入れ先生の回答のご紹介です♪

<お手入れ先生の回答>
1)馬毛ブラシで皮革表面のホコリや汚れを落とします。
e0105047_17185719.jpg

※紐は外した方がお手入れしやすいです。



2)アウトドアアクティブクリーナーを靴から約20cm離して、汚れた箇所にスプレーしで汚れを落とします。
e0105047_17193257.jpg


3)綺麗な布で軽くこすります。
※少しずつ汚れを落とすイメージで2)3)の工程を数回繰り返します。


4)汚れが落ちたら、防水と保革用にアウトドアアクティブレザーワックスを布に取り、靴に塗布してください。
e0105047_17201699.jpg

※オイルヌバック(起毛させた革にオイルをしみこませたもの)の場合はブラシにクリームを取り塗布してください。
※皮革によっては色が濃くなる場合があるので、新品時や色の濃くなるのが気になる場合にはアウトドアアクティブバイワックススプレーの方を使うのがオススメです。
e0105047_1720533.jpg





Before:こちら
e0105047_17213131.jpg

After:こんなに綺麗になりました!新品じゃないですよ!!
e0105047_17214676.jpg



【番外編】
靴以外のアウトドアグッズには?(テント・ウェア・バックパックなど)
1)靴と同様に汚れ落としにはアウトドアアクティブクリーナーを使います。
2)防水としてアウトドアアクティブユニバーサルプロテクターを全体にまんべんなくスプレーして完了。
■今回使用した製品■
馬毛ブラシ
アウトドアアクティブクリーナー
アウトドアアクティブレザーワックス
アウトドアアクティブバイワックススプレー
アウトドアアクティブユニバーサルプロテクター(番外編)

■これまでの「お手入れしないとMOTTAINAI!」
第一回
第二回
第三回
[PR]
   by mottainai-team | 2014-09-18 17:40 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

吹割の滝に行ってきました!

こんにちは、MOTTAINAIキャンペーン事務局のYです。

夏がようやく終わり、秋に変わろうとしているこの季節。みなさまいかがお過ごしですか?

夏バテしてたらMOTTAINAI!!
ということで、私は、群馬県沼田市にある、「東洋のナイアガラ」こと、吹割の滝に行ってきました!

e0105047_18175436.jpg


浸食されたV字形の岩盤を、水が両側面から落ちている珍しい滝。
日本の滝100選の1つで、昭和11年に国の天然記念物に指定されているとのこと。

この「吹割の滝」の名は、凝灰岩、花崗岩の河床上を流れる片品川の清流が、岩質の軟らかい部分を浸食し、多数の割れ目を生じさせたことで、あたかも巨大な岩を吹き割れたように見えるところから付いた名前なんだそうです。

豪快な滝は4・5月の雪解け水を飲み込む新緑の滝。秋は紅葉に生える滝と、四季折々の表情を見せるそうです。

またこの滝には伝説があり、昔から吹割の滝の滝壺は竜宮に通じていると言われています。
村の祝儀など振る舞い事には、竜宮からお膳やお椀を貸してもらう習慣があったそうです。

手紙を書いて滝壺に投げ込むと、翌朝、頼んだ数のお膳やお椀が岩の上に置いてあり、返すときはお礼の手紙を添えて元の岩の上に置くと、いつの間にか見えなくなり竜宮に返されていたと言い伝えられています。

しかしある時、数を間違え、一組だけ返し忘れてしまったところ、それ以来いくら丁寧に頼んでも貸してもらえなくなったのだそうです。

数を間違えるとはなんてMOTTAINAI。

世の中の厳しさを知った、夏の終わりの出来事でした。
みなさんも是非この滝の表情を見に行ってみてくださいね♪
[PR]
   by mottainai-team | 2014-09-11 18:22 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

長野県飯綱高原に行ってきました

MOTTAINAIキャンペーンスタッフFです。

長野県飯綱高原に行ってきました。
長野県といえば、アルプスなどの山々、そして有名な軽井沢などもあり避暑地的なイメージがありますが、ご存じの通り、夏の長野駅周辺はそこそこ暑いです。

しかし、長野駅から車で30~40分ほどで到着した飯綱高原はさすがに涼しく快適です。暑いな、と思い、少々ドライブがてらに山に向かえば、自然豊かで快適な場所に行ける長野県は本当に魅力的です。

飯綱高原は標高が1000M~1400Mぐらいで、朝夕は夏でも本当に涼しく、過ごしやすいです。自然も豊かでたくさんの樹木に囲まれ、多くの緑に癒されます。

e0105047_13113397.jpg


さて。MOTTAINAIキャンペーンは、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんが提唱したキャンペーンで、マータイさんの故郷であるアフリカのケニアで植樹をしています。

アフリカというだけで暑い国と思われますが、ケニアの首都であるナイロビは標高1600Mで、実は想像するよりずっと快適です。

そう、長野県飯綱高原よりも標高が高いのです。マータイさんが生まれた場所であるニエリはナイロビから北へ120キロほど離れた場所にあり、5000M級のケニア山に向かいますので、ナイロビよりさらに標高が高い町になり、さらに快適さが増します。

みなさんがケニアに行くことがあれば、是非、体感してみてください。
たぶん「結構、過ごしやすいね」というと思いますよ。

e0105047_13115869.jpg

[PR]
   by mottainai-team | 2014-09-04 09:49 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント