海を越えて/文:山口昭

世界で作られる食料の3分の1、およそ13億トンが毎年捨てられ、日本でも500万~800万トンの食品が廃棄されている・・・。
本来食べられるのに捨てられる食品ロス。この“もったいない”現実を「少しでも変えたい」と、東京・竹橋のMOTTAINAI STATIONにはこの春、国内外から来客が相次ぎました。

e0105047_10155172.jpg


その1人、スローフード・ユース・ネットワーク東京の代表、中森剛志さん(25)は、2年ほど前から欧州を中心に広まっているディスコ・スープの日本版“ディスコ・べジー(野菜)”を7月21日に都内で開こうと計画しています。

e0105047_10161897.jpg

※Slow Food Youth Network Tokyoのフェイスブックページより

廃棄されそうな野菜を集め、音楽に合わせて刻み、スープやサラダにして無料で提供するイベントで、食文化の見直しを訴える各国のスローフード協会の青年組織が運営の多くを担っているそうです。

e0105047_10165492.jpg

※DISCO VEGGIEのフェイスブックページより

東農大在学中に起業し、有機農産物の販売を手がける中森さんを中心に、20代の社会人や学生15人のユース・ネットワーク東京が誕生したのが今年の2月。「何に取り組むか」を話し合っていた最中、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を通じて世界中の仲間から「ディスコスープを一緒にやろうよ」と呼びかけが相次ぎました。

アムステルダムやブリュッセルのディスコスープに参加したフェデリカ・マッラさん(28)はフェイスブックやスカイプで「日本は食品ロス削減に向けての動きが少ないので、協力して東京で開こう」と申し出ました。
中森さんらも国連食糧農業機機関(FAO)のデータなどで大量の食料が廃棄される一方、世界で8億人以上人々が飢えている矛盾を知り、イベント開催を決めました。
そのフェデリカさんは国連食糧農業機関(FAO)のインターンとして4月に来日。イギリスなど欧州で食品ロス削減運動を進める団体のスポークスマンとして活躍するニキ・ハラランポポルさんとMOTTAINAI STATIONを訪れます。これには故ワンガリ・マータイさんの娘のワンジラ・マータイさんの助言があったそうです。
この間、わずか2カ月。かろやかに海を越え若者を結びつけ、そして世界を変革させるSNSのパワーとスピードを垣間見た思いでした。

e0105047_10174745.jpg


オランダのライデン大学で日本の食品廃棄問題を研究している最中にMOTTAINAIキャンペーンのことを知ったというフェデリカさんは「日本での食品ロス問題の啓発に役に立つはず」と期待していました。農林水産省の長野麻子・食品産業環境対策室長(42)も「MOTTAINAIは外国語に翻訳できない素晴らしい日本語だが、便利さの中で日本人自身が忘れかけている。その気持ちをもう一度思い起こす必要がある」と指摘しています。

4月から事務局に加わりました。食品ロスの削減に向けてMOTTAINAIキャンペーンができることを、私たちももっと考えていきたいと思います。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-06-26 10:17 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

お手入れしないとMOTTAINAI!第三弾

こんにちは、MOTTAINAI事務局スタッフです。

先日、MOTTAINAI Stationで、皮革製品のお手入れ講座&相談会を実施させていただきました。

そこで学んだお手入れ方法を紹介する「お手入れしないとMOTTAINAI!」第三弾の今回は、梅雨時期の革製品のお手入れ方法をご紹介したいと思います!

<お悩み>
雨が多い梅雨の時期、革製品のお手入れはどうしたらいいですか?


雨の日に革靴を履いたり、革製のバッグを持つのはためらいますよね。
なるべくなら避けたいけど、どうしても使わないといけない時って確かにあります。


そんなときは・・・簡単コレ一本!

e0105047_15543341.jpg


万能防水スプレー、『ナノプロ』!!!!

これだけ?と思う方がいらっしゃると思うのですが、これだけなのです。

使い方もとっても簡単!
靴やバッグなどの使用前やお手入れ後に、このナノプロをシュッとかけるだけでばっちりです◎

※汚れがある場合は馬毛ブラシで汚れを落としてからご使用ください。

普通の防水スプレーでもいいのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん普通の防水スプレーでもいいのですが、このナノプロは普通の防水スプレーとは違うのです。

何が違うかと申しますと・・・

このナノプロはナノテクノロジーに基づき開発された防水スプレーなのです!
ナノ(※)化されたフッ化炭素樹脂が素材の内部にしみ込み、シリコン樹脂が表面に高い防水効果をもたらし長時間持続させます。使用対象素材の表面にパーリング効果(※)が生まれ、ホコリや汚れを水滴とともに落とします。
※ナノ:1メートルの10億分の1の単位
※パーリング効果:水滴を真珠のような粒状にする

つまり、普通の防水スプレーよりも粒子がとってもとっても細かいので素材の内部までしみ込むことができ、高い防水効果が期待できるという商品なのです!!!
皮革製品だけではなく、布などのテキスタイルにも使うことができる万能スプレーです。

バッグや靴、ジャケットに傘にレインコートに。
おでかけする前の日の夜にシュッとするだけで、簡単にお手入れできますよ♪
(乾くまでに20~30分程かかります)

ナノプロには汚れを防止する効果もあるので、雨の日だけではなく普段からお手入れの最後にお使いいただくことをオススメします◎
ぜひ試してみてください♪

■今回使用した製品■

ナノプロ

馬毛ブラシ


*最後にお知らせ*

2014年6月28日(土)、6月29日(日)の2日間、秋葉原UDXにて、
地球にやさしいライフスタイルを体験できる「MOTTAINAIフェスタ2014」を開催致します!!!

そこで、前回好評だった皮革製品のお手入れ講座を行います♪

【催事日程】
 2014年6月28日(土)11:00~18:00
 2014年6月29日(日)11:00~17:00
 ※雨天時は縮小開催。荒天は中止。

【フェスタ会場】
 秋葉原UDX 1階アキバ広場、サボニウス広場、2階東側デッキ
 (東京都千代田区外神田4-14-1)

【入場料】
 無料

皮革製品のお手入れの悩みを無料で解決致します!鞄や靴など、おうちにある皮革製品をお持ちください。
予約は必要ありませんので、フェスタ開催中にお越しください。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-06-19 16:09 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

思い出のケニア山/文:七井辰男

皆さん、はじめまして。MOTTAINAIキャンペーン事務局長の七井と申します。

キャンペーンの提唱者、ワンガリ・マータイさんとお付き合いさせていただいたご縁で、ケニアをはじめ世界中を回り、取材してきました。このブログでそうした体験や私なりの感想を皆さんにお伝えできれば幸いです。

e0105047_10185249.jpg


ご存知のようにマータイさんはケニア山(5199メートル)の麓にあるイヒデという山村で生まれました。ケニア山は富士山と同じようにケニアのシンボルとされ、世界自然遺産に登録されています。ケニアという国名は、この山が由来なのをご存じでしょうか。
ドイツの探検家が1849年にこの山を目にしたとき、同行していたカンバ族のガイドに「この山は何というのか」と訪ねたところ、たまたま、ひょうたんでできていた容器を持っていたガイドが、ひょうたんの名前を聞かれたと勘違いし、「ケーニャです」と答えたのが始まりだとか。これが英国人に「ケニア」と発音されて山の名前となり、後に国名になったということです(※)。

山麓の人々はマータイさんの先祖もそうですが、ケニア最多の部族で、大部分が農業に従事しているキクユ族です。キクユ族の人々にとってケニア山は神がすむ神聖な場所とされ、祈るときも、家を建てるときの入り口も、死者を埋葬するときもケニア山の方角に向くのが習慣だそうです。

ケニア山の山頂付近は氷雪に覆われ、実に神々しい姿に見えます。一方で、この山は「シャイな山」とも言われ、普段は雲に覆われて姿を見せるのはまれです。マータイさんも幼いころから、この姿を眺めながら育ったため、ケニア山への思いは格別なものがあったようです。
マータイさんは2004年12月に環境分野で初めて、またアフリカの女性としても初めてノーベル平和賞を受賞しましたが、その記念樹として植えた場所が、生まれ故郷に近いニエリのリゾートホテル「アウトスパン」の庭先でした。ここは庭先からケニア山を一望できるホテルとして、またボーイスカウトの創設者であるベーデン・パウエル卿が晩年を過ごしたホテルとして有名です。

e0105047_10194353.jpg


住民はマータイさんが植えた木を「マータイの木」と呼んで今でも大切にしています。下記の写真は植えてから約1年たった2005年12月にマータイさんと撮影したものです。左端に映っているのが私です。このときはケニア山は雲に覆われ、見ることはかないませんでした。そこに泊まってケニア山を見たかったのですが、その日はナイロビに戻る用事があったため、後ろ髪を引かれる思いでホテルを後にしました。

e0105047_10204859.jpg


それから7年後、再びこのホテルを訪れるチャンスがめぐってきました。それがこの写真です。同じ場所で2012年11月に写した写真で、「マータイの木」が大きく成長している様子が良くわかると思います。

e0105047_1037724.jpg


この木はケニアの原生種であるオレア・アフリカーナという木です。外来種と比べて成長は遅いのですが、根を地中深く張ります。それが土壌流出を防ぎ、水をためる役目を果たしているのです。マータイさんがケニアで奨励しているのが、原生種の植林です。

私たちは、ケニア山が一望できるアウトスパンホテルに2012年11月、初めて宿泊することができました。しかも私は、パウエル卿が過ごした部屋に案内されたのです。泊まった翌朝、庭先に目をやると、なんと、シャイなケニア山が、私たちの前に姿を現しました!このとき私たちが、ケニア山の神さまと、前の年に亡くなったマータイさんに手を合わせたのは言うまでもありません。

e0105047_16512538.jpg


※ワンガリ・マータイ自伝「UNBOWED~へこたれない」から
[PR]
   by mottainai-team | 2014-06-10 10:28 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

富士山クリーンツアーに参加してきました。

こんにちは。MOTTAINAIスタッフのFです。
5月末に富士山クリーンツアーに参加してきました。

朝早く新宿駅を出発し、山梨県の富士山の麓に向かいます。


当日は快晴。いやこの季節だと少々暑いぐらい。
でも、富士山の麓に到着すると暑さが和らぐ。

清掃場所に到着すると、「まだまだゴミはある」と実感する光景に出会う。
2013年6月に世界文化遺産に登録された富士山。
10数年前と比較するとずいぶん綺麗になったと言われている。
さすがに道路も含め、視界に入る景色にゴミは映らない。
しかし、人が入りにくい場所や目に付きにくい場所にゴミがある。
そんな場所全てにゴミがあるわけではないが、ある場所にはある。

e0105047_15322225.jpg


NPO法人富士山クラブは定期的に富士山周辺を見回り、生態系や環境を保護する活動をしている。
そんな富士山クラブのスタッフ、東京や静岡から参加したボランティアの方たちと一緒に清掃をスタートする。

なぜ清掃活動をするのか。
富士山にはたくさんの動植物が生息している。
自然が育んだ空気、樹木、そして水。
この全てが我々の生活を支えてくれている。
その自然の循環の中で生息している動植物の生態系を無視するわけにはいかない。
人間の勝手で生きにくい場所にしてはいけない。
富士山にはたくさんの動植物がいて、我々に必要な空気や水を作り出している。
だから清掃をすることにより富士山の環境保全と感謝を還元する。

MOTTAINAIキャンペーンが推進しているケニアでの植樹。
ケニア山周辺での植樹活動を重点的に行っているが、植樹活動により、緑と水が少しずつ復元している。
自分たちの生活に必要なものが植樹活動によって手に入る分かりやすい構図は、ケニアでの植樹活動を促進させる作用を兼ねている。

数時間の清掃で、見る見るうちに綺麗になっていく。
表面のゴミだけでなく、土中にあるゴミも掘り出していく。
参加者の多くの汗と引き替えに綺麗な富士山を少しずつ取り戻していく。

e0105047_15331555.jpg


小さな努力がかけがえのない努力になっていくことを忘れてはならない。
富士山がそう教えてくれているように感じた一日だった。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-06-05 15:36 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント