カテゴリ:MOTTAINAI Lab スタッフpr( 64 )

   |   

今年最後のMOTTAINAI キッズフリマ開催!

こんにちは、MOTTAINAI キャンペーン事務局の安保です。

12/20(土)と12/21(日)の2日間、今年最後のMOTTAINAI キッズフリマを開催しました!

物とお金の大切さを学んで欲しいという思いで開催しているキッズフリマ。
子供達は本物のお金を使って売買をしますので、お店を出してる側は、沢山売ろうと様々な工夫をしてアピールします。お買いものをする側は、自分が欲しいものを安く買えないか交渉するなど、様々なコミュニケーションが生まれるのも、キッズフリマの魅力です。

キッズフリマで販売されている物を見ると、今子供達に人気のあるキャラクターや、おもちゃなどが良く分かり、大変勉強になります。
最近は手づくりのアクセサリーなどを売っている子もいて、その完成度には驚かされます。

12/20(土)は、初めてイオンモール幕張新都心店で開催しました。沢山のおさかなに囲まれながらのキッズフリマです。車で来場しやすい利便性からか、大物のおもちゃや、ぬいぐるみを持ちこんでいるお店が多かったです。

e0105047_15241525.jpg


e0105047_15242317.jpg



小さな女の子も、お店のお兄さんとお話しながらお買いものを楽しんでいました。

e0105047_1525582.jpg


12/21(日)は、池袋サンシャインでの開催。こちらは2~3カ月に一度開催している会場なので、過去にも出店したことのある子も多く、様々な工夫が見られました。
ひとすくい50円コーナーや、ガールズマーケットなども!

e0105047_15253297.jpg


e0105047_15254119.jpg



最後は“イイトコドリ”が登場!!参加した子供達にお土産をプレゼントしました。

e0105047_1526529.jpg



今年のMOTTAINAI キッズフリマの開催はこちらで最後になりましたが、来年もまた様々な場所で実施しますので、是非ご参加ください!
__________________________
<次回開催 MOTTAINAI キッズフリマ>
2015年1月3日 五反田TOC
__________________________

2014年のMOTTAINAIキャンペーンも、多くの皆さまに支えられ、ライセンス商品の発売、イベントを通じたキャンペーンの認知拡大、メガネを通じたケニアへの支援、東日本大震災支援など、様々な活動を実施することができました。
ご支援いただき、誠に有難うございました。

2015年はMOTTAINAIキャンペーンが始まって、10周年となります。
この節目が、更なるキャンペーンの発展の年となります様、
スタッフ一丸となって、新しい取り組みも行っていく予定としておりますので、来年もMOTTAINAIキャンペーンをどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-12-25 15:29 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

宮城県でMOTTAINAIフリマ開催!

こんにちは、MOTTAINAIキャンペーン事務局の安保です。

先日、MOTTAINAIキャンペーンが東日本大震災の復興支援として行っているフリーマーケットを開催するため、宮城県を訪れました。
MOTTAINAIフリーマーケットin宮城は、2011年から毎年実施して今回が4回目。通常のフリーマーケットだけでなく、ご来場いただいた方々に楽しんで頂けるよう、毎回様々なイベントを用意しています。

今回は宮城県利府町のグランディ21での開催。11月の最終週にも関わらず、暖かくて安心していたのですが、11/29(土)の初日はまさかの雨・・・楽しみにしていた方々には大変申し訳なかったのですが、開催中止となってしまいました。

翌日11/30(日)は雨もあがり、開始時間前から多くの出店者&来場者で賑わいました。
フリーマーケットには、約200店が出店し、洋服やおもちゃなどが、所狭しと並びました。

e0105047_1122526.jpg


毎回人気の「時計のチャリティ販売コーナー」は、今回も大盛況。時計のセレクトショップ「TiCTAC」で下取りした時計の中でまだ使えるものをチャリティ販売し、売上は宮城県の災害対策本部へ寄付しています。みなさん自分に合った時計を必死に探していました。

e0105047_1131160.jpg


e0105047_11354100.jpg


そしてこちらも毎回人気の縁日コーナー。電気を使わない遊び(サイコロゲーム、輪投げ、パターゴルフ)で点数を集めると、景品交換所でエコグッズに交換できます。

e0105047_115663.jpg


e0105047_1152713.jpg


そのほかにも、けん玉やメンコ、竹馬などで遊べる「昔懐しの遊びコーナー」や、スタンプラリーなど、多くの方々にご参加いただきました。

そして毎回子供達が楽しみにしている「キッズフリマ」!今年の宮城県での開催はこの1回だけでしたので、開始時間前からこの大行列。子供達は“あと何分で始まるの~?”と待ちきれない様子・・・

e0105047_116163.jpg


ゲートの中では、人気キャラクターのおもちゃや、文房具などがきれいに整えられたお店がいっぱいです。

e0105047_1165491.jpg


13時にゲートが開くと、子供達はそれぞれお目当てのお店に一目散に駆け込んで行きました。

e0105047_1173173.jpg


今回のキッズフリマでも、沢山の子供達の笑顔を見ることが出来て、とても嬉しかったです。

最後に、会場内の東北グルメコーナーで、スタッフがハマったグルメをご紹介します。

まずは「名取せり汁」!
名取市は“せり”の名産地とのこと、お米を収穫した後の田んぼで栽培されるそうです。
せり汁は、鶏肉や根菜などが入った醤油味の汁に、朝採りの“せり”を入れて食べますが、驚いたのは、根っこの部分まで入れて食べること!この根っこの部分が特にシャキシャキして、ちょうど良い苦みがとても美味しいのです。根っこは捨ててしまったらMOTTAINAI ですね。昨年開催でも出店いただきましたが、スタッフ皆虜になっていました。
しかも1杯200円という安さなのです!

e0105047_118334.jpg


e0105047_1182469.jpg


そして「閖上たこやき」!
このたこやきは、長年閖上地区の方々に愛されてきた、おやつだそうです。このたこやきを作っていたお婆さんが津波の犠牲になってしまい、味が途絶えてしまっていたのですが、地元の方々の繋がりで復活したそうです。お好み焼きの様に沢山の具が入っていて、もちもちして美味しく、串に刺さっているので食べやすい!失われてはMOTTAINAI 味です。

e0105047_1183978.jpg


e0105047_1185945.jpg


今回のMOTTAINAIフリーマーケットin宮城は、雨のため1日のみの開催となってしまいましたが、ご来場いただいた皆様には楽しんでいただけるイベントになったと思います。
本当に有難うございました。

今週末は、関東で今年最後のキッズフリマが2日間開催されますので、お近くにお住まいの方は是非ご来場くださいね。

◆12/20(土)イオンモール幕張新都心店 
MOTTAINAIキッズフェスティバル開催


◆12/21(日)池袋サンシャイン 
ほけんの窓口×MOTTAINAIキッズフリマ開催
[PR]
   by mottainai-team | 2014-12-18 11:09 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

2014 TRON SYMPOSIUMに行ってきました

こんにちは!MOTTAINAIスタッフのTです。

TRON(トロン)という言葉をお聞きになった事はありますか? The Real-time Operating system Nucleusの略で、IT用語です。「すべての技術情報が公開され利用することができるというオープン哲学に基づいて作られる組込み用リアルタイムアーキテクチャ開発」を意味しています。1984 年からプロジェクトが開始され、東京大学の坂村健教授を中心として、産学協同で進められています。

いろいろな機械の中にコンピュータが組み込まれ、それぞれの機械がインターネットで繋がっていく時代になりつつあります。「どこでもコンピュータ(IoT-Internet of Things)」により、ユビキタス・コンピューティング環境の実現に向けた総合プロジェクトとなっています。

e0105047_1843993.jpg

【坂村教授の基調講演】

e0105047_18433662.jpg

【3日間で様々なセッションを開催】  

今年で30年目を迎える本プロジェクトの特徴は、開発にあたって全ての技術を”オープン”にしている点です。当時はまだ“オープン”という思想は珍しく、この30年間で約千の会社や組織がTRON開発に携わっています。

e0105047_18443766.jpg


e0105047_18445129.jpg


e0105047_1845245.jpg

【様々な展示によりTRONプロジェクトの具体例を紹介】

今後、あらゆる製品や部品がインターネットでつながり、膨大なビックデータを生み出すIoT時代には(モノのインターネット)、新しいビジネスモデルが誕生すると見込まれています。このビックデータを個々の製品やサービスのみで利用するのはもったいなく、 “オープン”にしていこうとTRONプロジェクトは考えています。

コンピュータの世界でもMOTTAINAIを感じたシンポジウムでした。

e0105047_18453860.jpg

【コンピュータが組み込まれたピアノが自動演奏。インターネットで繋がればNYのジャズバーの演奏が日本で聴ける!!??】
[PR]
   by mottainai-team | 2014-12-11 16:45 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

富士山の銭湯画を楽しむ

こんにちは。事務局スタッフの山口です。

11月初め、都内で開かれた「高円寺フェス」で、銭湯画のプロが野外で描く「ライブペインティング」を見てきました。

全国で3人しかいない銭湯ペンキ絵師が高円寺に集まる貴重な機会。都内の銭湯の数は、昭和40年代の約2700軒をピークに現在は700軒弱に減っています。ライブペインティングは「銭湯文化に触れる機会がなかった方々のきっかけ作りに」と企画されました。

費用の調達方法もユニーク。インターネットで広く一般の人から資金調達する「クラウドファンディング」でまかなわれました。地域を活性化する取り組みにも最近活用されている手法で、1000円の支援だとメールでのサンクスレター、5000円だとフェスのオリジナルマフラータオルなど。そして5万円を出資するとライブペインティングの絵もプレゼントされる仕組みです。約3週間の募集で52人から目標金額を上回る46万5000円が集まったそうです。

実演会はあいにくの雨の中、駅前南口広場で始まりました。唯一の女性絵師、田中みずきさんは30代の若手です。

e0105047_13534946.jpg


傘をさした観客が見守る中、ローラーやはけ、筆を縦横に走らせ、てきぱきと作業を進めます。しだいに稜線がシャープになり、約3時間後には、水面にアヒルが浮かぶユーモラスな富士山の絵がキャンバスに浮かび上がりました。

e0105047_1354932.jpg


ライブ会場の解説者によると、「ペンキによる銭湯画は関東地方特有のもの」だそうです。銭湯といえば富士山の絵を思い出すのも、納得です。2日目はベテランの中島盛夫さんからスタート。

e0105047_13541912.jpg


e0105047_13543122.jpg


下絵もないまま2時間足らずで書き上げるその腕前はさすがです!
大トリは大御所の丸山清人さん。3人の絵を並べて拝見すると、同じ富士山でもその色使いなど、微妙な個性の違いが楽しめます。

e0105047_13544845.jpg


e0105047_1355068.jpg


先日、静岡県の田子の浦でMOTTAINAIキャンペーンに集う企業のメンバーが集まって清掃活動を行いました。海岸沿いの草むらに散らばるペットボトルやビニールを拾い集めたあと、富士山を見あげると、作業の疲れも吹き飛ぶような、すがすがしさを感じました。

e0105047_1355561.jpg


その2日後、高円寺駅に近い「小杉湯」に行ってみました。自宅のお風呂はちょっとお休み。熱いお湯にひたり、富士山の絵を眺めながら、1日の疲れを癒すのもいいもんです。「銭湯文化がなくなってしまうのはMOTTAINAI」。そう思いました。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-12-02 14:00 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

オーボエとピアノのチャリティーコンサート

千葉県流山市の市民団体「平和と文化の会"愛・Peace"」(時任きよ子代表)主催のチャリティー・オータムコンサートに招待され、楽しいひとときを過ごしてきました。

この会からはMOTTAINAIキャンペーンが始まって以来、支援をいただいており、今回も収益金をキャンペーンに寄付していただきました。

流山市というユニークな名前は昔、大洪水で上州赤城山の崩れた土塊が、市のシンボルである赤城神社のある小山に流れ着いたという伝承から名づけられたとか。俳人の秋元酒丁や洋画家の笹岡了一など文化人を輩出したところとしても有名です。
 
e0105047_13102684.jpg

 
コンサートの会場は市の中心部にある「杜のアトリエ黎明」。最寄の駅は流鉄流山線の平和台駅です。この流鉄線という”ローカル線”は、実に風情がありました。JR松戸駅から少し歩いたところに流鉄線の幸谷(こうや)駅があり、若い駅員さんが1人、切符を売っています。まもなく昔懐かしいオレンジ色の車両が到着。
家の軒先の間をゴトゴト走ること3駅目が平和台駅です。ここから歩いて10分ほどで、会場に到着です。
(電車の写真は流鉄線ホームページⓒ Ryutetsu Co., Ltd.から)
 
e0105047_13131818.jpg

 
「杜のアトリエ黎明」はもともと笹岡了一のアトリエとして使われた建物で、うっそうとした林の中にレンガ造りの瀟洒な建物が目を引きます。

コンサートは午後2時から始まり、会場は50人を超える観客で満席に。演奏したのはオーボエの橘秀樹さんと電子ピアノの石川容子さんの2人。いずれも流山市周辺に在住で、グループ名はスペイン語で「故郷」を意味する「ティエラ」。
第1部は「ニューシネマパラダイス」や「酒とバラの日々」、「レット・イット・ゴー」(アナと雪の女王から)など映画音楽を中心に8曲。
第2部は、マイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」、中島みゆきの「時代」、バーブラ・ストライサンド の「追憶」などポップスを中心に7曲の構成です。
 
e0105047_1314964.jpg


オーボエのソロやデュエットは初めてでしたが、その豊かな音色と表現力には圧倒されました。橘さんはかつて都内の名門オーケストラのオーボエ奏者も務めたことがあり、素晴らしい技巧の持ち主。石川さんも、子犬のワルツ(ショパン)やアラベスク第2番(ショパン)を優雅に弾いて、素晴らしい演奏会となりました。

会場では、なじみのある調べに、歌をくちずさんだり、体でリズムを取る人も。お2人の軽妙なトークもあって、あっという間の2時間が過ぎました。
 
e0105047_13144138.jpg


e0105047_13154642.jpg


会場の壁には、「ギャラリーよし」のオーナー、小阪義弘さんが流山の街の風景を軽妙なタッチで描いたスケッチ画や、会員の小島英司さんによる四季の風景写真も飾られ、参加者の目も楽しませてくれました。

会場では私が来賓としてあいさつし、「皆さんのご協力もあって、ケニア山麓では381万本の木が育っています」と報告しました。時任さんからは「ワンガリ・マータイさんの残された素晴らしい緑の遺産は永遠に不滅ですね。私たちの小さな思いも、ケニアに届いてうれしく思っています」というお礼の言葉をいただきました。

皆さんの文化と環境に寄せる温かい思いを感じることができた一日でした。


【MOTTAINAIキャンペーン事務局長 七井辰男】
[PR]
   by mottainai-team | 2014-11-19 13:17 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

お手入れしないとMOTTAINAI!第五弾

こんにちは、MOTTAINAI事務局スタッフです。

先日、MOTTAINAI Stationで、皮革製品のお手入れ講座&相談会を実施させていただきました。

そこで学んだお手入れ方法を紹介する「お手入れしないとMOTTAINAI!」第五弾の今回は、寒くなるこの時期に使用頻度が高くなるあの素材!のお手入れ方法です。

<お悩み>
「スエード・ヌバック・ベロアなど起毛皮革製品のバッグや靴お手入れ方法がわかりません。」と、持ってきてくださったのはコチラの靴。

e0105047_1054533.jpg


相談者さんは、数年前に購入して一度もお手入れされたことないとのことでした。
写真ではわかりにくいですがつま先にかけての汚れ、毛が倒れてしまって素材のよさがなくなりかけています。

ということで、お手入れ先生の回答のご紹介です♪

<お手入れ先生の回答>
1)クレープブラシ(生ゴム製の起毛皮革専用ブラシ)で、毛の間に溜まったホコリを取り除きます。


e0105047_1091457.jpg


↓こんなに取れました!

e0105047_1094221.jpg


2)オーガニックバンブーローションの容器を良く振り、噴射口を水平にして約20cm離して汚れた箇所を中心に全体的にミストを吹き付けます。

e0105047_10105967.jpg


3)クレープブラシのナイロン面で毛を起こし、綺麗な布を押し当てて浮いた汚れを取り除きます。

e0105047_10112627.jpg


↓ブラシで浮き上がった汚れは完全に布でふきとります。

e0105047_10115931.jpg


4)乾くまで待ちます。(10~15分程度)

5)オーガニックプロテクトアンドケアの容器を良く振り、噴射口を水平にして約
20cm離して全体的にミストを吹き付けます。

e0105047_10132256.jpg


6)クレープブラシのナイロン面で毛を起こし、毛並みを整えます。

e0105047_10143225.jpg


乾燥させたらお手入れ完了です。
Before(左)
After(右)

e0105047_10145122.jpg


※上記写真の靴のお手入れですが、オーガニックシリーズ自体はバッグや小物にもご使用頂けますが、クレープブラシは基本的にシューズ用として販売しております。
特にバッグや小物にはシューズよりも柔らかい素材を使用すること
が多いため、その場合にはコロニル ヌバックボックスをお勧めしております。

※オーガニックシリーズは、もちろんスムースレザー(表革)にもご使用頂けますが、特に起毛皮革にオススメです!!!



オーガニックバンブーローションは、起毛皮革の汚れを落とします。
オーガニックプロテクトアンドケアは起毛皮革のトリートメント兼防水用として使用できます。


毎日使っているとわかりにくいですが、お手入れ前とお手入れ後の風合いの差は歴然です。
ぜひ、試してみてください!

■今回使用した製品
クレープブラシ
オーガニックバンブーローション
オーガニックプロテクトアンドケア

■これまでの「お手入れしないとMOTTAINAI!」
第一回
第二回
第三回
第四回
[PR]
   by mottainai-team | 2014-11-18 10:21 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

ロハスフェスタに出展しました。

こんにちは。MOTTAINAIキャンペーン事務局のFです。

11月1日~3日に開催された「ロハスフェスタin万博記念公園」にキャンペーン事務局としてブース出展しました。

万博公園のロハスフェスタは、約400店のブースが出展し、3日間で7万人の来場者がある関西最大級のイベントです。今回は初日、2日目とあいにくの天気となりましたが、最終日は秋晴れで多くの来場者がお越しになりました。

e0105047_9451695.jpg


万博記念公園で開催されるロハスフェスタは、関西圏のお客さまに直接お会いすることができ、過去数回の出展により、キャンペーンも少しずつ浸透してきました。ブースには、毎回お越しいただけるお客様も増えてきて嬉しい再会もあり、キャンペーンとしても大切なPRの場になっています。

e0105047_9454522.jpg


e0105047_9455623.jpg


今回は、ブース内での商品販売はもちろんのこと、ワークショップ、そしてロハスフェスタ事務局と連携して、給水所も担当させていただきました。
MOTTAINAIキャンペーンは毎年多くのペットボトルが消費されているため、マイボトルを推進し、環境への負荷を軽減する運動を続けています。毎年新しいデザインのマイボトルを製作し、販売しております。そのマイボトルのPRをするにはもってこいの給水所を提供していただきました。

e0105047_9462181.jpg


e0105047_9463072.jpg


e0105047_9464149.jpg


「環境問題」っていうと堅い話のように聞こえますが、環境に優しい生活を過ごすヒントは身近にあります。そんなことをロハスフェスタに参加する度に思っています。

みなさんも近くで開催されるイベントに出かけてみてください。
きっと新しい発見があると思いますよ。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-11-05 09:48 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

東日本大震災チャリティJAZZライブに行ってきました。

こんにちは。
MOTTAINAIキャンペーン事務局のYです。

今回は都内にある「紫雲山 瑞聖寺」で開催された東日本大震災チャリティJAZZライブ(入場料無料)に参加してきました!

瑞祥寺は寛文10年(1670年)に創建された歴史のあるお寺で、本堂である大雄宝殿は昭和59年(1984年)東京都指定有形文化財に指定され、平成4年(1992年)に国の重要文化財に指定され現在に至っています。

その風貌がこちら↓

e0105047_9342030.jpg


普段は滅多に立ち入ることが出来ない大雄宝殿。本堂で鳴り響く繊細な音色に、思わず鳥肌が立ちました。これがその一部始終です。

e0105047_935593.jpg


e0105047_9353013.jpg


明日、自分の身に何が起こるかわからない世の中。日本の文化遺産を通じて、東日本大震災という未曾有の災害を少しでも分かち合い、心に留めておく。
それも「思いやる気持ち」、「助け合う心」、MOTTAINAIに通じることだとは思いませんか?そんな想いを込めて、募金をしてきた一日でした♪
[PR]
   by mottainai-team | 2014-10-31 09:37 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

インドネシアの渋滞

皆さん、こんにちわ。Indonesia / Jakarta在住のMOTTAINAIスタッフMです。

Indonesia / Jakartaと聞いて皆さん、どんなイメージがありますか?
食べ物も美味しいですし、気候も過ごしやすく、また親日国なので過ごしやすいところです。

ただ、一つだけ、ストレスなのが、世界一とも言われる「渋滞」です。
車の数に道路インフラが追いついていないのですが、ミニ洪水がさらに拍車をかけていて、それほど大雨でないのに、道路が冠水してしまう事もしばしばです。(私が以前住んでいたアパートの近くも、2週間に一度ほど道路が冠水していました。。。)

雨が降ったときの渋滞はとんでもないことになり、5kmぐらいの距離で2時間以上かかる等、タクシーも捕まらない、道路が冠水して歩けない、加えて携帯電話の電波も繋がりにくくなる等、絶望的な気持ちになることもあります。

ミニ洪水の原因はゴミが排水溝を塞いでしまうことと言われていますが、一人一人のちょっとした心がけで、防ぐことができることなので、本当にMOTTAINAIことだなと思っています。

e0105047_1029790.jpg


そんなインドネシアでも、ゴミを減らそうという、movementが起こっているんです。
つい先日、clean up Jakarta day(10/19)があり、日曜日の早朝から私も参加してきました(昨年に続き、今年が二回目のイベント)。

約4000人が参加したとのことですが、日曜日はCAR FREE DAY(歩行者天国)なっている大通りで、一緒に参加したインドネシア人知人達と、おおはしゃぎでゴミ拾いに汗を流してきました。
(もともとGotong Royongと言われる村社会での相互扶助活動があるので、馴染むのかもしれません)

e0105047_10295788.jpg


昨年参加した、MOTTAINAI富士山ゴミ拾い大会の時の様に、とても清々しい気分になりました!

もっと、自分たちのすんでいるまちを大切にしよう、地球をリスペクトしようという、MOTTAINAIの心がインドネシアでも広がりはじめていることを感じ、このmovementが大きくなることを祈っています。
[PR]
   by mottainai-team | 2014-10-24 10:36 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

行かないともったいない:Vol.3多賀大社

こんにちは、MOTTAINAIキャンペーン事務局の安保です。

昨年2013年は伊勢神宮と出雲大社が揃って遷宮を迎えるという稀な年で、私もきれいに社殿が修復された出雲大社へ出かけました。

また、伊勢神宮は式年遷宮の翌年を「おかげ年」と言って、特別なご利益が増す年と言われていますので、今年中に伊勢神宮への参拝が叶えば良いなと思っています。

もし伊勢神宮への参拝に出かけるなら、滋賀県の「多賀大社」への参拝も忘れてはMOTTAINAIのです!

e0105047_1054367.jpg


多賀大社は滋賀県の多賀町にあり、滋賀県第一の神社です。多賀大社駅前には、とても大きな鳥居がそびえます。
駅から多賀大社までは、のんびりした街並みと、門前町のレトロな風景が続きます。

e0105047_1054579.jpg


e0105047_10551122.jpg


境内入口の鳥居も立派です。

e0105047_1055294.jpg


そして、境内に入ると先ず目に入るのが、渡ることを躊躇してしまいそうな、石で出来た立派なそり橋です。

e0105047_10554270.jpg


e0105047_10555589.jpg


多賀大社は豊臣秀吉からの信仰が篤く、母大政所の延命を祈願して叶ったことから、米一万石を寄進しており、その一万石で、このそり橋などが造営されたとのこと。よってこの橋は「太閤橋」と呼ばれています。
当時の一万石とは、すごい価値だったことが想像されますね。また、秀吉だけでなく、武田信玄も25歳の厄年の際に、黄金2枚を寄進して厄除け祈願を行っているそうです。

橋の奥には御神門があり、広い敷地の中の拝殿と続きます。

e0105047_1056173.jpg


e0105047_10562740.jpg


境内はとても広く、沢山の末社・摂社や建造物があり、ゆっくり見て楽しめると思います。

e0105047_10564185.jpg


多賀大社の御祭神は、神代の昔に沢山の国生み、神生みを行った二柱ですから、豊臣秀吉や武田信玄が、この神社に延命長寿や厄除けを祈願した気持ちが分かります。
伊邪那岐命(イザナギノミコト)
伊邪那美命(イザナミノミコト)

さて、何故、伊勢神宮に参拝する際に多賀大社にも参拝しないとMOTTAINAIかというと・・・
日本列島や自然や元素を表す神々も生み出した伊邪那岐命・伊邪那美命は、伊勢神宮の内宮に祭られている天照大神(アマテラスオオミカミ)の親神にあたります。
古来から地元では「お伊勢参らば お多賀へまいれ 伊勢お多賀の子でござる」と歌い継がれており、伊勢神宮の参拝の際には、多賀大社にも参拝する「親子神様詣り」というものがあって、大変縁起が良いそうなのです!

今年も残り二ヵ月程になってきましたが、おかげ年にあたる今年、伊勢神宮への参拝にお出かけの際は、多賀大社にも足を運んでいただけたら、更なる御縁をいただけるのではないでしょうか。

多賀大社公式サイト

行かないともったいないvol.1榛名神社
行かないともったいないvol.2 石上神宮
[PR]
   by mottainai-team | 2014-10-16 10:58 | MOTTAINAI Lab スタッフpr | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

About MOTTAINAI

ワンガリ・マータイさんが提唱する環境キャンペーン。
この言葉には資源有効活動3R+Respectが込められています。
「MOTTAINAI」はさまざまな活動を通してマータイさんの植林活動「グリーンベルト運動」を支援しています。

About 事務局スタッフBlog.

MOTTAINAIキャンペーンに関わるスタッフがイベント情報や、MOTTAINAIキャンペーンを通じて感じたことなどをつづったブログです。


研究員ブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

MOTTAINAIクリック募金

前日までの募金額
無題ドキュメント